ブログ(サイト)を常時SSL化する方法【WordPress+さくらのレンタルサーバー】

どうも、カメ助(@kamesuke_blog)です。

昨今、SSL化していないサイトは、外部からの攻撃を受けやすかったり、検索ランクが悪くなる傾向があります。

WordPressで構築されたWebサイトの常時SSL化にはさまざまな方法がありますが、今回は「さくらのレンタルサーバ」を使用している場合に使用できるプラグイン「SAKURA RS WP SSL」を利用した手順を例に紹介します。

カメ助

この記事はこんな人にオススメ
・SSLって何?
・常時SSLかって何?メリットは?

・どうやって常時SSL化するか知りたい

まだSSL化していない方は、本記事を参考にSSL化してみてください。

目次

SSLとは

SSLとは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みのことです。
SSL化されたウェブサイトは、URLの頭が「HTTPS」(鍵アイコン)となり、通信の暗号化が保証されます。→安全なウェブサイトです。

SSLの対応状況の確認(ブラウザのURL)

常時SSL化とは?メリットは?

常時SSL(Always On SSL)は、ウェブサイト内のすべてのページをSSL化することです。


常時SSL化は、読者とウェブサイト運営者の双方にメリットがあります。

カメ助

必ず、常時SSL化しておきましょう!

メリット①:セキュリティの強化

全てのページを暗号化することで、「ウェブサイトのなりすまし」、「個人情報やクレジットカード情報の盗聴」などのセキュリティリスクに対抗し、ユーザにとって安全なウェブサイトを構築します。

メリット②:検索順位への影響

検索エンジンの最大手であるGoogleは、ウェブサイトがHTTPS(常時SSL)かどうかを検索順位の決定要因にすることを発表し、すべてのウェブサイトに対してHTTPからHTTPSへの切り替えを推奨してます。
また、常時SSL化されたウェブサイトでHTTPページとHTTPSページが同じコンテンツであれば、HTTPSページを優先的にインデックスするアナウンスしています。→検索結果の上位に上がりやすくなります

常時SSL化の設定について

常時SSL化の例として、ここでは「さくらのレンタルサーバ」を使用している場合に使用できるプラグイン「SAKURA RS WP SSL」を利用した手順を紹介します。

前提条件

  • さくらのレンタルサーバ、または、さくらのマネージドサーバ上で稼働するWordPressである
  • PHPバージョン5.6、7.0以上である

設定手順(全3ステップ)

手順①:SSLサーバ証明書の導入

今回は独自ドメインを使用するので「SSLサーバ証明書の導入」を行います。

まず、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルの「ドメイン/SSL」メニューより、SSL化するドメインの「SSL」をクリックします。

「登録設定を始める」をクリックします。

今回は「Let’s Encrypt(無料SSL)」を選択します。(有料のSSLを使用する場合は対象のものを選択してください。)

「Let’s Encrypt(無料SSL)」を選択

チェックを入れて、「無料SSLを設定する」をクリックします。

下記の画面が表示されるので、SSL証明書の発行が完了するまでしばらく待ちます。

しばらく待った後に、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルの「ドメイン/SSL」メニューにアクセスし、下記のように表示されていればSSL証明書の発行完了です。

手順②:プラグイン「SAKURA RS WP SSL」のインストール

まず、WordPressの管理画面の「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

プラグインのインストール画面で、検索窓に「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」と入力し、検索結果の「有効化」をクリックします。

手順③:プラグインの有効化(SSL化の実行)

WordPressの管理画面の「設定」→「SAKURA RS WP SSL」を選択し、プラグイン画面を開きます。

SSL化の設定を開始します。
必ずチェック内容を確認し、チェックボックスを選択してから先に進みます。

以上で常時SSL化が完了しました。引き続き常時SSL化の確認をします。

常時SSL化できているか確認

WebサイトのURL「https://XXXXXXXXX」にアクセスできるか確認します。(XXXはドメイン名、例:https://kamesuke-blog.com)
「サイトにアクセスできる」、「鍵アイコン」になっていれば常時SSL化できています。

httpsになっているか確認

もし、サイトにアクセスできるが「鍵アイコン」になっていない場合は、こちらを参考に対応してください。

まとめ

以上がWordPressの常時SSL化の方法でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は「さくらのレンタルサーバ」を使用している場合に使用できるプラグイン「SAKURA RS WP SSL」を利用した手順で常時SSL化しましたが、WordPressで構築されたWebサイトの常時SSL化にはさまざまな方法があります。

その他の方法については後日紹介します。

こちらは、WordPressでブログ初心者の方にオススメの1冊です。一度読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪でITエンジニアしています。(8年目に突入)
趣味でウェブサイトに関することをいろいろと勉強しています。

勉強した内容やプログラミングに関する情報を中心に役立つ情報を発信するべく日々ブログを更新しています。

3度の飯よりも「柿の種」をこよなく愛する関西人。

コメント

コメントする

目次
閉じる